ぎっくり腰、ヘルニア(埼玉県さいたま市桜区 40代 男性)

[2016年04月15日(金)] カテゴリ:

【お悩みの症状】

腰痛としては15年程前から。
今回は1週間程前から。
立ち上がる際に左腰にひびく。
一昨年に軽度のヘルニアと。
腰を痛めて3日後に針をやりに行ってお店の人のアドバイス通りにお風呂でゆっくり温めた次の日から痛みが増してしまい動くのもつらくなってしまいました。

 

【施術前の状態】

骨盤左側が高く上体が右へ傾いています。

腰は酷い痛みで動かすだけで腰全体、特に左側が痛みます。

 

【施術後の状態】

骨盤は平らになり上体はほぼ真っすぐになり体のバランスは整いました。

腰は動かしても痛みはなく楽になりました。

 

【院長一言】

ひどい状態でしたから1回目の施術から5日後に2回目の施術を行いました。

今回のように軽く腰を痛めてから揉んだり温めることをしたことで炎症が広がり酷くなるケースは大変多いです。

医師や専門家でもぎっくり腰への処置方法は「温める」「冷やす」の2極化します。

私が何故ブログでぎっくり腰のような急性の症状については冷やすことを優先するようにお伝えしているかというと、10年以上前に酷いぎっくり腰をした時に訪れた整形外科(個人病院)の院長先生に治療して頂いた時に伺ったことなのです。

ぎっくり腰は捻挫のようなもので腫れて炎症を起こすから、まずは腫れを鎮めるために氷でしっかり冷やして、腫れが落ち着いたら温めるようにしてくださいと。

ですから、ここで申し上げているのは私の経験値における想像でお伝えしているのではなく、実際にぎっくり腰を体験し医師から教えて頂いたのです。

ただ、2極化しているとお伝えしてますように、温めるように指導している病院等もあります。

では、どちらにしたらいいの?と迷われると思いますが、冷やす方から行えば更に炎症が酷くなることはないでしょう。


カテゴリ

最新記事

アーカイブ


LINE
  資格
■大山整体院 〒338-0832
埼玉県さいたま市桜区西堀6-1-14
ブランドール壱番館207
電話:048-838-3880
携帯:090-6567-4652
通院回数目安
地域別来院割合詳細データ
埼玉県さいたま市
桜区13.57%
浦和区6.32%
岩槻区2.75%
西区2.56%
南区9.57%
北区3.31%
見沼区3.50%
大宮区3.69%
中央区5.07%
緑区4.94%
越谷市2.06%
戸田市2.56%
上尾市2.75%
川口市6.00%
その他埼玉県エリア25.77%
ふじみ野市/羽生市/桶川市/加須市/吉川市/久喜市/狭山市/熊谷市/幸手市/行田市/鴻巣市/坂戸市/三郷市/入間郡/志木市/春日部市/所沢市/北葛飾郡/新座市/深谷市/川越市/草加市/大里郡/秩父市/朝霞市/鶴ヶ島市/東松山市/南埼玉郡/日高市/入間郡/入間市/八潮市/鳩ヶ谷市/飯能市/比企郡/富士見市/北葛飾郡/北足立郡/北本市/蓮田市/和光市/蕨市
東京都3.19%
神奈川県0.38%
千葉県0.56%
茨城県0.13%
栃木県0.13%
群馬県0.13%
長野県0.19%
福島県0.13%
新潟県0.25%
岩手県0.06%
宮崎県0.13%
福岡県0.06%
愛知県0.06%
岐阜県0.06%
静岡県0.06%
北海道0.06%

*