2 / 212

ハイヒールで腰痛・膝痛

[2018年01月20日(土)] カテゴリ:

こんにちは、助手の緋色です(゚▽゚)/
年が明けてからますます寒くなりましたね。
埼玉は雪が積もるほどではないので雪の多い地域の方々からしたらなんてことない寒さかもしれませんが、毎日寒い寒いと口にしてしまいます。
毎年のことながらインフルエンザが猛威を振るっているそうですし、年末年始は風邪を引いて寝て過ごしたなんて話も多く耳にしましたので、体調管理には気をつけて過ごしましょう!

年末にも多かったぎっくり腰の患者さまですが、2018年に入ってからも多く来院されています。
患者さま方にお話しを聞くと温湿布を貼った、カイロで温めた、お風呂にゆっくり浸かった…などなど、なぜか温めてしまう方が多いようです。
院長先生が「そのあと(温めたあと)どうなりました?」と聞くと、皆さま口を揃えて「痛みが強くなりました」と答えます。間違った対処をしてしまったことで炎症を広げ、結果として辛い思いをすることになってしまったのです。

あれ?何か悪化したかも?と思ったら、温めてしまった後でも構いませんので必ず氷で冷やすようにしてください。炎症が広がってしまっているので痛みが引くのに少々時間がかかってしまいますが、炎症をそのままにしておいても痛みが強くご自身が辛いだけです。
まずは鎮めるようインターバルを置きながら根気よく冷やしを行ってください。
あまりにも痛みが強いようであれば、我慢せず鎮痛薬(ロキソニン、バファリンといった市販薬で大丈夫です)を飲んでくださいね。

また、年末年始のお休み明け、腰や膝が痛いとおっしゃっていた女性の患者さまがちらほら。
「年末年始のセールで久しぶりにヒールの高い靴を買い、履いて出かけたら膝が痛くなった」、「新年早々、普段履かないハイヒールで出かけたら腰が痛い」といったお話しを聞きました。

ハイヒールを履くとどうしても爪先に体重が乗りやすく、バランス良く立つことが難しいです。
特に、履き慣れていない方が久しぶりに履くと、身体が普段の姿勢とは違ったバランスを取ることになってしまうため腰や膝に負担がかかってしまうのです。
長い時間出かけるときはやはりヒールが低い靴が望ましいですが、普段履かないけれどどうしてもハイヒールが履きたいという場合は、当日いきなりハイヒールを履くのではなく、出かける日の数日前から履いている時間を徐々に延ばし身体を慣らす時間を作ってあげることが大切です。
それから、バランスが崩れ安い分、いつも以上に背中が丸まらないように反り腰にならないように姿勢を意識する努力をしてください。

腰痛や膝痛が長く続いていたりヒールの靴を履く度に痛みが出ているようでしたら、お身体をきちんとメンテナンスしてあげる必要があるかもしれません。
心当たりがある方がいらっしゃいましたら一度大山整体院までご連絡くださいね。


2 / 212

LINE
  資格
■大山整体院 〒338-0832
埼玉県さいたま市桜区西堀6-1-14
ブランドール壱番館207
電話:048-838-3880
携帯:090-6567-4652
通院回数目安
地域別来院割合詳細データ
埼玉県さいたま市
桜区13.57%
浦和区6.32%
岩槻区2.75%
西区2.56%
南区9.57%
北区3.31%
見沼区3.50%
大宮区3.69%
中央区5.07%
緑区4.94%
越谷市2.06%
戸田市2.56%
上尾市2.75%
川口市6.00%
その他埼玉県エリア25.77%
ふじみ野市/羽生市/桶川市/加須市/吉川市/久喜市/狭山市/熊谷市/幸手市/行田市/鴻巣市/坂戸市/三郷市/入間郡/志木市/春日部市/所沢市/北葛飾郡/新座市/深谷市/川越市/草加市/大里郡/秩父市/朝霞市/鶴ヶ島市/東松山市/南埼玉郡/日高市/入間郡/入間市/八潮市/鳩ヶ谷市/飯能市/比企郡/富士見市/北葛飾郡/北足立郡/北本市/蓮田市/和光市/蕨市
東京都3.19%
神奈川県0.38%
千葉県0.56%
茨城県0.13%
栃木県0.13%
群馬県0.13%
長野県0.19%
福島県0.13%
新潟県0.25%
岩手県0.06%
宮崎県0.13%
福岡県0.06%
愛知県0.06%
岐阜県0.06%
静岡県0.06%
北海道0.06%

*